微笑み

若い人も注意する

手術

美容整形などでほうれい線を目立たなくする治療は、3つあります。注射と照射と手術になります。それぞれに特徴がありますので、自分の肌に合ったものを選ぶと良いでしょう。注射等はとても簡単で治療費も安いので、1番最初にする治療としてはとても良いものです。

Read More...

ヒアルロン酸で頬ふっくら

婦人

ほうれい線の治療には、人間の皮膚がもともと持っている成分であるヒアルロン酸を注射する方法が適しています。コラーゲンだと場合によってアレルギーを起こす可能性がありますが、ヒアルロン酸はアレルギーの心配がなく、すぐれた保水力を持つのでほうれい線を効果的に治療することができます。

Read More...

若返りの整形施術

整形

老け顔のもととなるしわ

年齢を重ねるごとに見た目が老けて見えることは自然現象といえますが、できるだけ若々しい見た目を保ちたいと考える人は多いです。ほうれい線は、鼻の両横から口元の両横に伸びるしわのことをいいます。老け顔の原因となるしわのひとつです。実は赤ちゃんのころから存在するのですが、若いころは肌のハリがあるため目立ちません。加齢とともに、真皮のコラーゲンやエラスチンが減少することで肌のハリや弾力性が失われたり、頬を持ち上げる筋肉の衰えでたるんでくることなどが原因となってほうれい線が目立ってくるのです。ですから、コラーゲンやエラスチンを増やすために、ビタミンc誘導体化粧水やレチノール配合クリームなどの化粧品を使用したり、衰えた筋肉を鍛えたり、ということも多少の対策となります。ただ、一度目立ってきたほうれい線は自力で改善することは難しいので、クリニックで行われる治療がおすすめです。治療方法としては、大きく分けて注射、高周波照射、手術があげられます。いろいろな治療方法の中から、自分に合うものが選べる時代となっています。

ほうれい線を改善する治療方法のうちの注射は、ヒアルロン酸注射です。即効性が高く、手軽に利用できる点が人気となっています。ほうれい線部分にヒアルロン酸を注入することで溝を埋め、皮膚を内側から持ち上げることによってしわを改善します。ただ、徐々に体内に吸収されていくため、効果は半年程度です。高周波照射での治療とは、高周波を照射することで真皮層のわざと傷をつけ、コラーゲン生成を促すというものです。創傷治癒力を利用する方法です。これにより、徐々にコラーゲン生成され肌にハリが生まれます。1ヵ月から半年で段階的に効果が得られます。ただ即効性はありません。手術でできる方法は、たるみを引き上げる治療です。リフトアップと呼ばれるものですが、切ってフェイスラインを引き上げる方法と、切らずにたるみを引き上げる方法があります。切らない方法は、特殊な糸を皮下組織に埋めることで、糸の反発力などを利用してたるみを改善します。ほうれい線治療といっても、いろいろな方法があります。費用や持続効果もさまざまですが、リスクの少ない切らずにできる若返り治療が増えてきており、今後も利用者が増えていくと考えられます。

マイクロCRFに注目

スキンケア

現在、ほうれい線治療法として注目されているのがマイクロコンデンスリッチファットを注入する方法です。これは従来の脂肪注入よりさらに精度を高めて、不純物をほとんど含まない安全な脂肪を注入してほうれい線を治療するという新しい方法です。

Read More...